オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—2月12日—畑中良輔とゼッフィレッリの誕生日

【2月12日】畑中良輔とゼッフィレッリの誕生日

⚫️1889年、アントニーン・ドヴォルジャーク(1841—1904)『ヤコビーン(ジャコバン党員)』が、プラハの国民劇場で初演。
⚫️1894年、ハンス・フォン・ビューロー(1830—)が、カイロで亡くなっています。
⚫️1896年、アンプロアス・トマ(1811-)が、パリで亡くなっています。彼がゲーテ『ヴィルヘルム・マイスター』に基づく『ミニヨン』は、今なお人気の高いオペラです。
⚫️1936年、エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ(1876—1948)『イル・カンピエッロ』が、ミラノ、スカラ座で初演。ゴルドーニの喜劇が原作で、題名はヴェネツィアにある小広場のこと。
⚫️1922年、バリトン歌手で、二期会創設者の一人でもある畑中良輔(−2012)が、福岡で生まれています。新国立劇場初代のオペラ芸術監督でした。
⚫️1923年、演出家フランコ・ゼッフィレッリが、フィレンツェで生まれています。
日本では映画監督として名が売れ、のちにオペラ演出家としても注目。
⚫️1951年、ロシア(グルジア)のバス歌手パータ・ブルチュラーゼが、トビリシで生まれています。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。