オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—4月16日—今日は、レオ・ヌッチ様のお誕生日

【4月16日】今日は、レオ・ヌッチ様のお誕生日

⚫️1735年、ヘンデル(ジョージ・フレデリック・1685-1759)『アルチーナ』が、ロンドンのコヴェント・ガーデンで初演。幻想的な雰囲気を持つ美しい曲で、アリアでは「緑の牧場」が有名。
⚫️1844年、近代フランスの作家・詩人のフランス(アナトール・-1924)が、パリで生まれています。オペラとの接点は、マスネの『タイス』の原作者であったこと。
⚫️1849年、グラントペラ(グランド・オペラ)の代表的作曲家だったマイアベーア(ジャコモ・1791-1864)の『予言者』が、パリのオペラ座で初演。
⚫️1898年、METで一時代を築いた名ソプラノのポンス(リリー・-1976)が、カンヌ近郊で誕生しています。METでは『ルチア』を歌って大成功、のちに指揮者コストラネッツ(アンドレ・1901-80)と結婚し、アメリカ国籍となりました。
⚫️1942年、現代屈指の名バリトン、ヌッチ(レオ・)が、ボローニャ近郊で生まれています。70歳を過ぎてもバリバリの現役で、今も世界中の歌劇場から引っ張りだこ。
⚫️1973年、ハンガリーを代表する名指揮者ケルテス(イシュトヴァーン・1929-)が、テル・アビブ近郊の海岸で遊泳中に高波にさらわれ溺死するという悲劇を生みました。これからという43歳の若さでした。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。