オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—10月31日—マスカーニ第2?の人気作『友人フリッツ』初演

【10月31日】マスカーニ第2?の人気作『友人フリッツ』初演

⚫️1724年、ヘンデル(ジョージ・フレデリック・1685-1759)のオペラ・セリア『タメルラーノ』が、ロンドンで初演されています。1402年、トルコがタメルラーノ率いるタタールとの戦いに敗れた史実に基づいて脚色した物語です。
⚫️1866年、フランスで活躍したオペレッタ作曲家オッフェンバック(ジャック・1819-80)『パリの生活』が、パリで初演されています。彼とともにヒット作を飛ばしているメイヤック(アンリ・1831-97)とアルヴィ(リュドヴィク・1834-1908)の名コンビによるフランス語台本によるもの。当時のパリを舞台にした“ラブコメ”です。
⚫️1891年、マスカーニ(ピエトロ・1863-1945)3幕のオペラ『友人フリッツ』が、ローマのコスタンツィ劇場で初演されています。40歳まで結婚をしない農場主フリッツに対して、清純な娘と結婚させることによって賭けに勝って農場を手に入れるという物語。代表作『カヴァレリア・ルスティカーナ』だけでなく、この作品のほかにも『イリス』など、今でもしばしば上演されます。
⚫️1928年、ドイツの演出家エファーディング(アウグスト・-1999)が、ポットロップで生まれています。ハンブルクで演出家としてのスタートし、その後ミュンヘン、ベルリン、チューリヒ、ウィーン、ザルツブルク、ロンドン、ニューヨークなど各国で活躍。新国立劇場が2000年から再演を繰り返している『サロメ』は彼の演出によるものです。


新井 巌(あらい・いわお)

1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。