オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—12月22日—今ではちょっとマイナーなオペラですが・・・

【12月22日】今ではちょっとマイナーなオペラですが・・・

⚫️1819年、イタリアの作曲家スポンティーニ(ガスパーレ・1774-1851)『オリュンピア』が、パリで初演されています。ヴォルテール(1694-1778)の原作で、舞台は紀元前300年頃のエフェソス。アレクサンドロス大王の娘オリュンピアをめぐる3幕のオペラ。
⚫️1837年、ドイツの作曲家ロルティング(アルベルト・1801−51)『ロシア皇帝と船大工』が、ライプチヒの市立劇場で初演されています。造船所で働く2人のペーターは、実は一人はロシア皇帝で、もう一人は脱走兵という設定で展開する3幕のオペラ。別名「二人のピーター」とも。
⚫️1916年、スイスのバス歌手コレーナ(フェルナンド・-1984)が、ジュネーブで生まれています。父はトルコ、母がイタリア人という家系で、ファルスタッフやレポレッロなど、主にバッソ・ブッフォの役柄を得意としていました。


新井 巌(あらい・いわお)


1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top