オペラ・エクスプレス

オペラ・エクスプレス

セイジ・オザワ 松本フェステイバルが銀座にやってきた———「OMFを100倍楽しむトークショー」

銀座にある長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」にて、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」(OMF)を紹介するイベント〈セイジ・オザワ 松本フェステイバルが銀座にやってきた〉が開催されました。このイベントは、フェスティバルの魅力を身近に感じてもらおうという趣旨で、サロン・コンサートや子どものためのクラシック音楽講座、トークショーなど、実に盛り沢山な内容。
「銀座NAGANO」でOMFの特別イベントが開かれたのは初めてのこと。会場では、公演のチケットやグッズ・CDの販売も行われました。

この〈セイジ・オザワ 松本フェステイバルが銀座にやってきた〉の最初のプログラム「OMFを100倍楽しむトークショー」に行って参りました。
「銀座NAGANO」は、和光のすぐ近く。晴海通りから道を一本入ったところにあり、比較的静かなイメージです。HPのトップには「しあわせ信州シェアスペース」とあります。長野県の魅力を発信する目的で、特産品の販売やイベントが行われている様子でした。

さて、トークショーの最初は、「OMFウェルカム ストリート・ライブ」の紹介です 。フェスティバルの期間中に松本駅前広場などで行われているそうで、プロデューサーの宮嶋弘樹さんを中心に、沢山の松本の皆さんが力を合わせて作っているイベント。フェスティバル関係者や観光客を歓迎するという意味も込められており、道行く人々にも生演奏の魅力に触れて頂きたいというお話しでした。
セイジ・オザワ 松本フェスティバルが銀座にやってきた
松本市の総合観光ウェブサイト「新まつもと物語」の市民記者、西森尚己さんのお話しも興味深かったです。西森さんは、フェスティバルのボランティアスタッフを長く務めておられるということ。スタッフの中には、家族ぐるみ・お友達同士で参加される方々もあるそうで、大勢の地元市民の皆さんが、このフェスティバルを愛し、支えているということが良くわかります。

最後に、2015年からオペラプロデューサーとして活躍する深町達さんが、過去の映像を交えて、このオペラの見どころを紹介しました。

2016年のセイジ・オザワ 松本フェスティバルの開催は、8月9日(火)~9月9日(金)。オペラ公演は、9月6日と9日、まつもと市民芸術館・主ホールで行われます。
セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)2016プログラム


セイジ・オザワ 松本フェステイバルが銀座にやってきた

開催:7月9日(土)~10日(日)
銀座NAGANO 2Fイベントスペース

【第1日:7月9日(土)】

プログラム1:OMFを100倍楽しむトークショー
11時
出演者:
宮嶋弘樹(OMFウェルカム ストリート・ライブ プロデューサー)
西森尚己(OMFボランティアスタッフ/新まつもと物語 市民記者)
深町達(OMFオペラプロデューサー)

プログラム2:サイトウ・キネン・オーケストラメンバーによるサロン・コンサート&トークI
16時
出演者:
会田莉凡(ヴァイオリン)
幣隆太朗(コントラバス)

【第2日:7月10日(日)】

プログラム1:子どものためのクラシック音楽講座 クラシック音楽ってな~に?
11時
出演者:
会田莉凡(ヴァイオリン)

プログラム2:サイトウ・キネン・オーケストラメンバーによるサロン・コンサート&トークII
15時
出演者:
篠﨑和子(ハープ)

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top