オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

作品に内在する宇宙の表現。より身体的で音楽的な、勅使川原三郎のアプローチ———あいちトリエンナーレ2016 プロデュースオペラ《魔笛》

あいちトリエンナーレ2016 プロデュースオペラ《魔笛》を観てきました。コンテンポラリーのダンサー、演出家、振付家としてずば抜けた才能を持つ勅使川原三郎の新演出です。今回の《魔笛》上演の一番の特徴は、もともとあるドイツ語の台詞部分をすべて日本語のナレーションにおきかえたことでした。その他にも抽象的な舞台美術、ダンスの導入などで、勅使川原らしい宇宙的な広がりのある《魔笛》の世界を表現していました。
あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ《魔笛》より
舞台の幕が開くとそこは黒一色。そして天井から大小様々なサイズの金属のリングが吊られています。舞台装置と言えるものはこれだけしかありません。オペラが進むのに従ってリングが様々な組み合わせで降りてきて違う場面を形づくっていきます。円は完璧な形であるゆえに、この舞台は禅の世界に通ずるように見え、またこれらのリングは時には《魔笛》というオペラを取り巻く惑星にも見えてくる気がしました。

今回の舞台では勅使川原自身の踊りはありませんでした。しかし勅使川原の舞台に欠かせないダンサー佐東利穂子が中心となり、東京バレエ団のダンサーたちと一緒にモーツァルトの音楽を体現します。そして驚いたのが《魔笛》の台詞をすべてカットし、その代わりに佐東によるナレーションで語るという選択でした。ドイツ語、もしくは日本語で台詞を言う、通常の《魔笛》に慣れてしまっている身としては最初は違和感がありましたが、ナレーションが美しい言葉で書かれており、また佐東の語りが大変に明晰なのでやがて引き込まれてしまいます。そして台詞が無いことによって音楽が浮かび上がってきました。勅使川原のアプローチは、より身体的で、音楽的な、《魔笛》に内在する宇宙の表現なのです。

登場人物たちの衣裳もかなりインパクトがありました。夜の女王と三人の侍女たちは黒いドレスという見慣れた姿でしたが、ザラストロが鏡獅子のような白いたてがみを持ち、また弁者や神官たちは肌色の手足のない人形のような姿、そしてモノスタトゥスは白くてテカテカしたチェスの駒のような形に巨大な手がついていて一番目立っていました。タミーノ、パミーナは若さを強調した衣裳、そしてパパゲーノ、パパゲーナは白い羽根で飾られまるでマシュー・ボーンの「白鳥の湖」を思わせる姿でした。それから三人の童子もやはり真っ白な不思議キャラになっていました。

このような、ある種、抽象的な演出は音楽面を際立たせますが、演奏は大変満足のいく出来栄えでした。タミーノは鈴木准。この役は歌い込んでいるだけあって端正な表現が素晴らしく、王子らしい品のある振る舞いも良かったです。パミーナの森谷真理は、同じ《魔笛》の夜の女王役で知られていますがパミーナ役も素晴らしい。彼女の歌にはパッションがあり、今回の少しクールな演出の舞台で、全体をひっぱっていく原動力になっていたと思います。

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ《魔笛》より

王子タミーノ:鈴木准/王女パミーナ:森谷真理

ザラストロの妻屋秀和は立派な歌唱。夜の女王の高橋維は精緻で表現力のある歌でした。そして特筆すべきはパパゲーノの宮本益光です。最初に登場した時から目つきも動きも奇妙な鳥のようで目が離せません。ダンサー顔負けの身体能力に加え、響きのある声に歌も良く、しかもあの衣裳なので今回最も印象に残ったキャラクターとなりました。パパゲーナの醍醐園佳はルックスが可愛らしく、歌や演技も巧み。また舞台での動きが大変そうな姿のモノスタトゥスの青栁素晴も柔らかな美声で上手かったです。弁者&神官Iの小森輝彦、神官IIの高田正人もがっちり脇を固め、武士I渡邉公威、II小田桐貴樹、侍女I北原瑠美、侍女II磯地美樹、侍女III丸山奈津美、そしてソプラノが歌った童子I井口侑奏、II森季子、III安藤千尋も好演でした。

あいちトリエンナーレ2016 プロデュースオペラ《魔笛》より

鳥刺しパパゲーノ:宮本益光/恋人パパゲーナ:醍醐園佳

名古屋フィルハーモニー交響楽団を指揮したのはイタリア人指揮者ガエタノ・デスピノーサです。歌手とよく調和し、テンポも妥当で楽しめました。愛知県芸術劇場合唱団の歌もとても良かったです。

文・井内美香 reported by Mika Inouchi / photo:Naoko Nagasawa


あいちトリエンナーレ2016 プロデュースオペラ
《魔笛》全2幕
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
台本:エマニュエル・シカネーダー
(ドイツ語上演、字幕付き、日本語ナレーション)
2016年9月17日(土)/19日(月・祝)各日15:00開演
愛知県芸術劇場大ホール

指揮:ガエタノ・デスピノーサ
演出・美術・照明・衣裳:勅使川原三郎

キャスト:
賢者ザラストロ:妻屋秀和
夜の女王:髙橋維
王子タミーノ:鈴木准
王女パミーナ:森谷真理
鳥刺しパパゲーノ:宮本益光
恋人パパゲーナ:醍醐園佳
侍女I:北原瑠美
侍女II:磯地美樹
侍女III:丸山奈津美
弁者&神官Ⅰ:小森輝彦
従者モノスタトゥス:青栁素晴
神官II:高田正人
武士I:渡邉公威
武士II:小田桐貴樹
童子I:井口侑奏
童子II:森季子
童子III:安藤千尋

ダンサー:佐東利穂子、東京バレエ団
合唱:愛知県芸術劇場合唱団
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

ナレーション:佐東利穂子

合唱指揮:山口浩史

字幕製作:岩下久美子

制作協力:東京二期会
企画制作:水野学(愛知県芸術劇場)

主催:あいちトリエンナーレ実行委員会/愛知県芸術劇場

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top