オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

写真を聴く —〈その2〉ああ、父娘の愛と相克の話って、どうして早く教えてくれなかったの・・・。

《写真を聴く》担当、オペラ写真家の長澤直子です。今回は、いきなり嘆き(?)で始まってしまいましたが、連載第2回目、宜しくお願い致します。

皆さまはオペラをご覧になる前に、「予習」はなさいますか?ほとんどの方が、「する」と仰るような気がしています。中には、「予習が楽しい」という方もおられるのではないでしょうか。何しろ、旅行は計画の段階が一番楽しいと申します!(←違)それでなくても、新規に何かを習得するということは、ワクワクして心が弾みます。ところが私は、この「予習」というものが全く得意ではないのです。元々、読み書きが苦手な性質なので、私の「予習」の方法としては、とにかく音源を聴きまくる。これに尽きます。公演前一週間ともなれば、メロディを鼻歌できるくらいに(笑)私はスコアも読めないので、耳から入って来る情報だけが頼りということになります。
さて、仕事としてオペラの写真に関わるようになってからも、騙し騙し、その方法が続いていました。比較的よくかかるオペラなら、何回か現場を重ねて行くうちに、撮りどころも自然と身について来ます。私は、ただのオペラファンの時代も長かったものですから、それまでに通った様々なオペラの記憶の蓄積もありました。そしてある日のこと、困った問題にぶつかってしまいました。「ワーグナー」でした。だって、ただ音源を聴きとおすだけでも4時間とかかかります。これはもう、聴きまくるのにも限界があり、CDを要所要所だけ「チェック」したところで、無情にも本番がやって来てしまいました。開き直って「数撃ちゃ当たる」の要領で、必死に押しまくりましたよ・・・。あの時は、自分がまるで機関銃にでもなったような気持ちでした。

あらかわバイロイト《ワルキューレ》より

あらかわバイロイト《ワルキューレ》より
ブリュンヒルデ:蔵野蘭子/ヴォータン:田辺とおる  (C) Naoko Nagasawa

第2回ワーグナー音楽祭「あらかわバイロイト」楽劇「ワルキューレ」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「写真を聴く」から入った。実際の舞台でなぜか不満。
    分からないから。「オペラ対訳」サイトで勉強。いつの間にか、オペラのストリーを織り込んだ小説『聖女の罪と罰』を書いていた。
    『ワルキューレ』は長い。書くのに3年かかった。途中で放り出したくなるのを我慢できたのは、『告別と魔の炎』と『死の都』のピエロの歌のバリトンを身近で聞きたかったから。
    出版記念といってもごく内輪だが、歌ってくれる方、日時、など希望に応じます。薄謝、学生、アマ歓迎。url 27chizuko.aoi

    • By オペラ・エクスプレス

      出版おめでとうございます♪
      記念の演奏会を開催されるのでしょうか。良い方が見つかりますよう、祈っております。

      • オペラ・.エクスプレス様
        [聖女の罪と罰]の出版記念コンサートはソプラノ歌手を迎えて無事終了いたしました。ずいぶん遅くなりましたがコメントありがとうございました。
        明日は映画監督の深作健太様が演出をなさるオペラ「ダナエへの愛」を見に参ります。だんだん深みに入るのが怖いです。碧千塚子

        • By オペラ・エクスプレス

          碧千塚子様、出版記念コンサートの終了、おめでとうございます。
          益々のご発展を!
          そして、今後もより一層オペラを楽しまれますよう、心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。