オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—6月11日—スメタナの念願かなった劇場で初演

【6月11日】スメタナの念願かなった劇場で初演

⚫️1881年、スメタナ(ベドルジフ・1824-84)の愛国的なオペラ『リプッシュ』が、プラハ国民劇場のこけら落とし公演として初演されています。長くハプスグルク家の支配下にあったボヘミアですが、はじめてチェコの首都に自分たちのオペラ劇場を持つという40年来の願望が果たされたのでした。しかし、わずか2ヶ月後の8月12日に火事で焼失し、再建にはさらに2年後まで待たなければなりませんでした。
⚫️1913年、アメリカのソプラノ歌手スティーヴンス(リゼ・-2013)が、ニューヨークで生まれています。映画『カーネギー・ホール』にもデリラ役で出演していました。あと3ヶ月ほどで100歳になる直前に亡くなっています。
⚫️1921年、オネゲル(アルチュール・1892-1955)『ダヴィデ王』が、メジュールで初演されています。これはオペラというよりも劇的詩編ともいうべきもので、その後演奏会用に書き直されています。
⚫️1955年、大阪弁が生かされた1幕のオペラ、大栗裕(1918-82)の『赤い陣羽織』が、関西歌劇団によって大阪で初演されています。原作はアラルコンの『三角帽子』で木下順二の戯曲を台本にしたもの。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。