オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

operaview | オペラ・エクスプレス

Category
複数の世界線を有する物語はいずれも大団円へ向かう ©伊藤大地

創り手からの挑戦状─はまぷろGiocoso2019 歌劇《魔笛》

若きオペラ団体「HAMA project(通称はまぷろ)」による『魔笛』公演のゲネプロ(本番直前の総仕上げ稽古)を拝見した。以前筆者は同団体制作の『愛の妙薬』公演を観て、若い創り手集団ならではの柔軟な作品の捉え方、細部に...
びわ湖ホール《ジークフリート》

比類なき英雄の登場―びわ湖ホール《ジークフリート》

びわ湖ホールが新制作で贈る「ニーベルングの指環」がいよいよ後半2作へと突入した。先の「ラインの黄金」「ワルキューレ」と回を重ねる毎に熱い注目が注がれる「びわ湖リング」。前2作に引き続き、ミヒャエル・ハンペ(演出)とヘニン...
【公演レポート】斬新⁉︎まだ何も決まってないコンサート

【公演レポート】斬新⁉︎まだ何も決まってないコンサート

クラシック音楽のコンサートは、基本的に2時間程度の曲目全て、あるいは殆どが事前にアナウンスされていることが一般的だ。その内容や出演者を吟味して我々観客は会場に足を運ぶ。しかしポップスその他のジャンルでは寧ろ、会場に来るま...
三部作(9月6,8日組)より

出色の好演。二期会の「三部作」を見て。

プッチーニの「三部作」。名前は聞きますしCDも持っています。しかしなかなか見る機会のなかった作品。東京二期会オペラ劇場が取り上げるというので、久しぶりに前もって予定を開けて観に行くことにしました。 ジャコモ・プッチーニに...
東敦子さんの蝶々夫人に寄す―この演奏に出会える歓び!日本人としてオペラに親しんでいることの喜びさえも感じさせる、価値ある一枚

東敦子さんの蝶々夫人に寄す―この演奏に出会える歓び!日本人としてオペラに親しんでいることの喜びさえも感じさせる、価値...

プッチーニのオペラ作品の魅力、その時の日差しを登場人物の目線になり切って感じることのできるある種のリアリティを帯びたファンタジーを感じられるところではないでしょうか。 他愛ない話、屈託のない笑顔、一途だからこそ熱くなって...
楽都:仙台で心に響くベートーヴェンの《第九》(全4ページ)

楽都:仙台で心に響くベートーヴェンの《第九》(全4ページ)

仙台市の東京エレクトロンホール宮城で《第九》の演奏会を聴きました。東北文化学園大学という、音楽大学ではない一般大学が主催して毎年おこなわれているコンサートです。指揮に飯森範親を迎えた仙台フィルハーモニー交響楽団の演奏で、...
崇高なる芸術、マリエッラ・デヴィーアのノルマ

崇高なる芸術、マリエッラ・デヴィーアのノルマ

藤原歌劇団の《ノルマ》を観劇しました。ベルカント・オペラのレパートリーで最も難しいといわれるノルマ役を、オペラ界の至宝マリエッラ・デヴィーアが歌い、磨き抜かれた〈声による芸術〉を堪能しました。 ノルマ役は19世紀最高と言...
Il Trovatore by Verdi; Royal Opera House; Covent Garden; London, UK; 29 June 2016; Cast A: Željko Lučić as Count di Luna (left); Francesco Meli as Manrico; Lianna Haroutounian as Leonora; Conuctor - Gianandrea Noseda; Director - David Bösch; Set and video designer - Patrick Bannwart; Costume designer - Meentje Nielsen; Lighting designer - Olaf Winter; Photo: © ROH Photographer: CLIVE BARDA

ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン「イル・トロヴァトーレ」―――四人の歌手たちの饗宴!息つく暇もないヴェルディ...

「ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」の新作は、ヴェルディの傑作「イル・トロヴァトーレ」だ。デイヴィッド・ベッシュによるプロダクションの再演が、3月3日(金)から各地で順次公開される。 この有名なオペラのストーリー...
美しい舞台に粒ぞろいのキャストで最終上演!長く愛され続けてきた看板演目の見事なフィナーレ―――英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン「ホフマン物語」

美しい舞台に粒ぞろいのキャストで最終上演!長く愛され続けてきた看板演目の見事なフィナーレ―――英国ロイヤル・オペラ・...

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」、オペラの三作目はオッフェンバック最晩年の大作「ホフマン物語」だ。物語は、主人公の恋人が出演するオペラ「ドン・ジョヴァンニ」が引けるのを待つ酒場で、過去の愛を振り返る形で展...
ノット×東響《コジ・ファン・トゥッテ》より

ノット×東響。快進撃のコンビネーションによる《コジ·ファン·トゥッテ》ミューザ川崎の美しい響きを楽しむように歌う、サ...

東京交響楽団の創立70周年の、すなわちノット&東響の第三シーズンを締めくくる定期演奏会も大好評のうちに終わって、しかしこのコンビネーションの快進撃はまだ終わらない。ミューザ川崎シンフォニーホールと東京芸術劇場による企画で...
【公演レポート】日生劇場《ドン・ジョヴァンニ》―――現代に生きる等身大のヒーローの姿とは?自由奔放な若い貴族、ドン・ジョヴァンニ

【公演レポート】日生劇場《ドン・ジョヴァンニ》―――現代に生きる等身大のヒーローの姿とは?自由奔放な若い貴族、ドン・...

日生劇場の《ドン・ジョヴァンニ》に行ってきました!若手歌手達の身体能力の高さを生かした演出で、ドン・ジョヴァンニという人物の魅力が際立った公演でした。 《ドン・ジョヴァンニ》の初日は11月14日(土)、朝起きたらパリの同...
Return Top