オペラ・エクスプレス

オペラ・エクスプレス

【書籍紹介】カラー版 音楽で楽しむ名画: フェルメールからシャガールまで:加藤浩子(著)———音楽と絵画の幸せな関係

音楽評論家の加藤浩子さんが、平凡社より、「音楽で楽しむ名画」というご著書を出版されました。音楽と絵画の幸せな関係を、かつてない視点で捉えるという内容です。沢山のカラー図版も収録されており、新書なのにまるで画集のような、とても親しみやすい書籍です。

以下、目次の紹介です。

目次

はじめに

第一章 絵画に描かれた音楽

フェルメール、「愛」を奏でる絵画たち
シューベルト、青春の思い出
不倫の恋を浄化したばら色の聖母
アングルのヴァイオリン
永遠の「楽人」、オルフェウス

第二章 肖像画の光と闇

モーツァルトの「家族の肖像」
「演出」されたある生涯──マリー・ド・メディシス、ルーベンス、モンテヴェルディ
「不滅の恋人」が演出したベートーヴェンの肖像
ショパンとサンド、引き裂かれた肖像
芸術の国ロシアを担って──ムソルグスキーとレーピン
ルノワールを戸惑わせたワーグナーの「笑い」
アウトローたちが遺した「ピアノを弾く女性」──ゴッホとロートレック

第三章 はみ出し者たちの饗宴

異形者たちの都──ナポリ、カラヴァッジョ、カストラート
宮廷道化に託された人間の姿──ベラスケスと《リゴレット》
娼婦たちの世紀──《椿姫》とパリの劇場
「お針子」たちの夢──《ラ・ボエーム》とルノワール

第四章 運命の女

「ルネッサンスの女王」のジレンマ──イザベッラ・デステとダ・ヴィンチ
「宿命の女」がもたらしたもの──芸術家たちを熱狂させたサロメ
「サロンの女王」の宿命の恋──マリー・ダグー伯爵夫人とリスト
ミューズに出会った二人のグスタフ──クリムトとマーラー
「約束」された傑作──ココシュカとアルマ・マーラー
それぞれの「狂乱」──オフィーリアとマクベス夫人
友情を引き裂いた「あの女性」──カンディンスキーとシェーンベルク

第五章 アートで読み解く近代ヨーロッパ

マリア・テレジアの憂鬱
音楽を愛した「文人王」の変貌──フリードリヒ大王
まぼろしの皇位──マクシミリアンとマネ
一八五九年の「神話」──アイエツとヴェルディ
「黒船」の音楽の目撃者たち

第六章 印象派とジャポニスム

印象派のめざめ
「日本」への憧憬──ジャポニスムと日本オペラ
「千年にひとり」の日本人が遺したもの──北斎とセザンヌ
ヨーロッパを魅了した江戸名所──広重と《蝶々夫人》

第七章 世紀末から20世紀へ

世紀末を先駆けた華麗なる総合芸術──マカルトとワーグナー
「ミュシャ」から「ムハ」へ
コスモポリタン的「国民画家」の悲劇──ガッレン=カッレラとマーラー
天才たちの総合芸術──ムンク、イプセン、グリーグ
抽象絵画が音楽にめぐりあうと──モンドリアンとニューヨーク
絵筆とお米と音楽と──パウル・クレー
マヨルカの響き──ショパンとミロ
隠された共作者──シャガールの天井画

あとがき
参考文献抄

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top