オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—8月30日—ワーグナーの孫ウォルフガング誕生

【8月30日】ワーグナーの孫ウォルフガング誕生

⚫️1919年、ワーグナー(ウォルフガング・-2010)が、バイロイトで生まれています。ワーグナーの孫(ジークフリートの次男)として、兄のヴィーラント(1917-66)とともにコージマ・ワーグナー(1837-1930)亡き後のバイロイト音楽祭を取り仕切り、ヴィーランド没後は彼自身も演出などを担当しました。新国立劇場開場記念公演(1997)の『ローエングリン』は、彼の演出によるものでした。
⚫️1922年、アメリカのメッゾ・ソプラノ歌手レスニック(レジーナ・-2013)が、生まれています。元々はソプラノでしたが、53年バイロイトでジークリンデを歌ってメッゾに転向。その後は、カルメンやアムネリスなどでも見事な歌唱を聞かせてくれていました。(亡くなった日の8月8日の項参照)


新井 巌(あらい・いわお)

1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。