オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—5月15日—オペラの始祖モンテヴェルディ、受洗

【5月15日】オペラの始祖モンテヴェルディ、受洗

⚫️1567年、事実上のオペラの始祖であるクラウディオ・モンテヴェルディ(-1643)が、クレモナで受洗しています。彼の誕生で、オペラの歴史が始まったと言っても過言ではありません。またマントヴァ公爵から宮廷楽士長を馘首され、ヴェネツィアのサン・マルコ大寺院の楽長となり、多くの宗教曲やマドリガルを作曲。さらにヴェネツィアで初の商業オペラ劇場が開場されたことにより、『ポッペアの戴冠』や『ウリッセの帰還』などの初期バロック・オペラの名作が生まれたのです。
⚫️1703年、フランスの詩人であり童話作家としても知られているペロー(シャルル・1628-)が、パリで亡くなっています。彼の童話が、ロッシーニやヴォルフ=フェラーリの『サンドリオン(シンデレラ)』を生み出したのです。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。