オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—5月30日—ボヘミアを代表するオペラ『売られた花嫁』初演

【5月30日】ボヘミアを代表するオペラ『売られた花嫁』初演

⚫️1866年、スメタナ(ベドルジフ・1824-84)の代表作『売られた花嫁』が、プラハの仮劇場で初演されています。
⚫️1883年、イタリアの作曲家ザンドナーイ(リッカルド・-1944)が、ロヴェレートで生まれています。代表作としては、ダンヌンツィオと組んだ『フランチェスカ・ダ・リミニ』が有名。
⚫️1901年、オーストリアの演出家フェルゼンシュタイン(ワルター・-1975)が、ウィーンで生まれています。オペラの演劇性を主張し、彼の門下からはゲッツ・フリードリヒ、ヨアヒム・ヘルツ、ハリー・クプファーなどを輩出しています。
⚫️1920年、アメリカのバス歌手ロンドン(ジョージ・-1985)が、モントリオールで生まれています。ウィーン、バイロイト、ニューヨークで活躍しますが、47歳で歌手活動から引退。
⚫️1927年、ストラヴィンスキー(イゴール・1882-1971)『エディプス王』が、パリのサラ・ベルナール座で、演奏会形式で初演されています。
⚫️1989年、ブルガリアのソプラノ歌手ミラノフ(ジンカ・1906-)が、ニューヨークで亡くなっています(誕生日の5月17日の項参照)。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。