オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—3月20日—2大テノールの誕生日が、同年同日

【3月20日】2大テノールの誕生日が、同年同日

⚫️1890年、イタリアのテノール歌手ジーリ(ベニアミーノ・-1957)が、レカナーティで生まれています。マントヴァ公爵、ロドルフォなどを得意として、ベル・カント唱法の典型とされました。
⚫️そして、3月18日にも紹介したメルキオール(ラウリツ・-1973)もまた、1890年のこの日、コペンハーゲンで生まれています。20世紀の前半を代表する偉大なるテノール歌手が、全く同じ日に生まれたというのも何かの偶然でしょうか。
⚫️2008年に新国立劇場で上演された『軍人たち』でにわかに注目された、ツィンマーマン(ベルント・アーロイス・-1970)が、1918年ケルン近郊で生まれています。
⚫️たびたび来日して、馴染みの深いドイツのソプラノ歌手シュトライヒ(リタ・1920-)が、1987年ウィーンで亡くなっています。可憐な容姿と、『春の声』などを軽やかに歌った声は魅力的でした。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top