オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【オペラ暦】—6月22日—ブリテンのパートナー、ピアースが生まれた日

【6月22日】ブリテンのパートナー、ピアースが生まれた日

⚫️1763年、フランスの作曲家メユール(エティエンヌ・ニコラ・-1817)が、ジヴェで生まれています。彼はグルック=ピッチンニ論争の中でグルックに感銘を受け、彼にあってオペラ作曲家になることを決心したと言います。
⚫️1826年、ロッシーニ(ジョアッキーノ・1792-1868)『アディーナ(またはバグダットの太守)』が、リスボンのサン・カルロ劇場で初演されています。
⚫️1910年、作曲家ブリテン(エドワード・ベンジャミン・1913-76)の生涯の伴侶として彼の作曲にも大きな影響を与えたイギリスのテノール歌手ピアーズ(ピーター・-1986)が、サリー州ファーンハムで生まれています。ブリテンと二人で主宰していたオールドバラ音楽祭は、彼の死後も彼が継続して行ってきました。
⚫️1974年、ミヨー(ダリュス・1892-)、ジュネーブで亡くなっています。


新井 巌(あらい・いわお)
iwao
1943年、東京に生まれる。レコード会社を経て広告界に転じ、コピーライターとして活躍。東京コピーライターズクラブ会員。中学生の頃からクラシック音楽にひたり、NHKイタリア歌劇団の『アンドレア・シェニエ』日本初演を観劇したことが自慢の種。フェニーチェ劇場焼失の際には、再建募金友の会を主宰し、現在は「フェニーチェ劇場友の会」代表。日比谷図書文化館で「オペラ塾」を定期的に開催している。オペラ公演プログラムの編集にも携わっている。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。