オペラ・エクスプレス

The opera of today from Tokyo, the hottest opera city in the world

【稽古場レポート】サントリーホール オペラ・アカデミー公演《愛の妙薬》

【稽古場レポート】
サントリーホール オペラ・アカデミー公演《愛の妙薬》

サントリーホールのオペラ・アカデミーがドニゼッティ《愛の妙薬》を上演します。横須賀公演は11月9日(日)、東京公演は11月13日(木)、岡崎(愛知)公演は11月16日(日)。リハーサルが行われている赤坂の稽古場にお邪魔して来ました!

Previous Image

Next Image

info heading

info content


photo: Naoko Nagasawa

サントリーホールのオペラ・アカデミーは1993年に創設され、レナート・ブルゾンなどの一流アーティストが日本の若手オペラ歌手を指導してきました。2011年からはサントリーホールアカデミーの一部門として「プリマヴェーラ・コース」を新設し、エグゼクティブ・ファカルティとして指導するジュゼッペ・サッバティーニ氏を中心に、アカデミー出身で第一線で活躍中の歌手達が指導にあたり、オペラのピアニストのためのコースも併設されています。新体制になって今年で四年目、2年間のコース(受講者は音楽大学卒業程度のレベルが対象だが大学生も可)と、アドバンストというさらに上級コースも出来ました。厳しいオーディションを経た若い歌手達はすべて無料でレッスンを受講します。春には歌曲やアリアのコンサート、そして秋にはオペラへの参加機会があります。今年の《愛の妙薬》ではアディーナ役の佐藤優子さんがプリマヴェーラ・コース第1期修了者、ジャンネッタ役の清水多恵子さんがアドバンスト・コースに在籍中とのこと。そして合唱にはプリマヴェーラ・コース第2期生とアドバンスト・コース第1期生が参加しています。

10月末にお邪魔した日は演出リハーサルが進行中でした。ミラノ在住の演出家田口道子さんの明快な指示が次々と出され、主役から合唱の一人一人にまでストーリーが作られていきます。この《愛の妙薬》公演は、お客さんにオペラに集中してもらうために字幕無しで上演され、ストーリーや聴き所を説明するためにアナウンサーの朝岡聡さんがナビゲーターとして登場します。通常のオペラ公演と比べて、アーティストを身近に感じて楽しめる公演になりそうです。

横須賀芸術劇場の公演ではサントリーホール室内オペラ管弦楽団が演奏しマエストロ・サッバティーニが指揮をします(東京のサントリーホールと岡崎市シビックセンターコンサートホールではコースの指導者、古藤田みゆきさんのピアノによる上演)。稽古場ではステージのすぐ下にいて指揮をしていたサッバティーニさん。《愛の妙薬》は彼がテノール歌手時代から知り尽くしている演目でもありますが、リハーサルの指揮も、カラフルというか、テンポや音楽が活き活きしているところが特徴だと思いました。そしてネモリーノ(テノール)が、片思いの相手アディーナに結婚を思いとどまらせようとして彼女にすがる場面などは思い切ったカンタービレで、リハーサルである事を忘れて聴き入ってしまいました。普段から教えている若い歌手達が相手とあって遠慮ない厳しい指導でありながら、明るい笑い声も響き、まるでイタリア?というラテンな稽古場です。

休憩時間にマエストロにお話を伺いました。
【インタビュー】ジュゼッペ・サッバティーニを読む

reported by Mika Inouchi


(以下公演情報)
サントリーホール オペラ・アカデミー公演
ドニゼッティ《愛の妙薬》
全2幕、原語上演(字幕なし)/セミ・ステージ形式

【横須賀公演】
2014年11月9日(日)15:00開演
よこすか芸術劇場

アディーナ:佐藤優子(ソプラノ)
ネモリーノ:中嶋克彦(テノール)
ベルコーレ:加耒徹(バリトン)
ドゥルカマーラ:増原英也(バリトン)
ジャンネッタ:清水多恵子(ソプラノ)

ナビゲーター:朝岡聡

指揮:ジュゼッペ・サッバティーニ
演奏:サントリーホール室内オペラ管弦楽団
合唱:サントリーホールオペラ・アカデミー

演出:田口道子

主催:公益財団法人横須賀芸術文化財団
制作協力:サントリーホール
電話予約センター:046-823-9999

【東京公演】
2014年11月13日(木)18:30開演
サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

アディーナ:佐藤優子(ソプラノ)
ネモリーノ:中嶋克彦(テノール)
ベルコーレ:加耒徹(バリトン)
ドゥルカマーラ:増原英也(バリトン)
ジャンネッタ:清水多恵子(ソプラノ)

声楽アンサンブル:サントリーホール オペラ・アカデミー
ピアノ:古藤田みゆき

ナビゲーター:朝岡聡
演出:田口道子

主催:サントリーホール
サントリーホールチケットセンター: 0570-55-0017

【岡崎(愛知)公演】
11月16日(日)15時開演
岡崎市シビックセンターコンサートホール

アディーナ:佐藤優子(ソプラノ)
ネモリーノ:中嶋克彦(テノール)
ベルコーレ:加耒徹(バリトン)
ドゥルカマーラ:増原英也(バリトン)
ジャンネッタ:清水多恵子(ソプラノ)

ナビゲーター:朝岡聡

声楽アンサンブル:サントリーホール オペラ・アカデミー
ピアノ:古藤田みゆき

演出:田口道子

主催:岡崎市シビックセンター指定管理者 SPS・トーエネック・ピーアンドピー共同事業体
制作:サントリーホール
岡崎市シビックセンター:0564-72-5111

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 【稽古場レポート】サントリーホール オペラ・アカデミー公演《愛の妙薬… […]

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。